• 0120-554-070
  • お問い合わせ

ご来社の際には必ずご予約ください。

友だち追加

調査員ブログ

  1. ホーム
  2. 調査員ブログ

調査員ブログ

結婚しても、何年もラブラブな夫婦でいたい!

妻ならほとんどの人がそう思うのではないでしょうか。

何年も経って、「うちはもうそういうのはいいよ」と、笑いながら話す奥様ももちろんいらっしゃいますが、初めからそうではなかったと思います。

 

ラブラブ夫婦の特徴とは?

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

①家事の役割分担ができている

ラブラブな夫婦の基準は、まず生活の基盤がしっかりしています。

夫婦のどちらかが、「私ばっかり家事をしている」というような不満を持っていた場合、どうしても愛情は薄れていくものです。

家が片付けられてなかったり、洗濯物は脱ぎっぱなし、料理はいつも外食などであれば、ストレスが溜まってしまいます。

そんな家庭の環境だと、ラブラブを妨げる原因となってしまいます。

片付けられてない部屋でゆっくり2人で映画でも見たい・・とは、思わないですよね。

2人で無理なく家事を分担できている夫婦は、心に余裕が生まれて相手に対する感謝や愛情も自然と保ち続けることができるでしょう

 

 

 

②経済的に余裕がある

ラブラブな夫婦のほとんどに、経済的に余裕があります。

もちろん、お金が全てではありませんが、「ひとまず生活には困らない」という安心感があるのとないのでは、心の余裕も大きく違ってくるでしょう。

また、「こんなに経済的な余裕を与えてもらえるなんて、私は幸せ、ありがたい」と、心から相手に感謝することができ、日常的に感謝を口にすることが増えるでしょう

生活するのに困難な状態でラブラブを保ち続けるのは至難の技でしょう。

 

 

 

①、2人で無理なく家事分担することでの心の余裕。

②、経済的な余裕で感謝が生まれる環境。

 

どちらも納得ですね。

 

 

①はすぐにでも取り組める解決法ですので、無理のない程度に家事を分担してみましょう。

奥様であれば旦那様えへの頼み方にもポイントがあります。

ポイントは、

 

・具体的に

・お願い

 

することです。

 

例えば、ゴミを捨てて欲しいと思っている、としましょう。

すると、

「ゴミぐらい捨ててよ」

と頼むのと

(ごみぐらい捨ててくれてもいいのに)

と察してほしいと願うのではなく、

 

「ゴミを捨ててくれたらすごく助かる」

と、具体的にお願いすることです。

 

これだけで気分良く動いてくれるのが男性です。

まず察することはできないと思いましょう。

 

 

それでは、ラブラブな夫婦の特徴、残りの3つは次回。


前回の記事、「旦那とラブラブでない妻は多い、というお話」はこちら

今回は考えられる理由を3つ、挙げてみたいと思います。

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

①子供が生まれると役割が増えるから

子供の誕生は喜ばしいことです。

子供が生まれるとそれまでは「夫・妻」だけだった役割から「父・母」と行った役割が増え、特に子供が小さい内は、「父・母」としての顔の方がメインになりがちです。

 

どちらかが、パートナーに対して、男性として、または女性としての魅力を感じていたとしても一方が「父・母」としてしか見れなくなってしまうと、どうしてもラブラブな関係を築くことは難しくなってしまいます。

 

 

 

②結婚後に相手の嫌な面が見えてきたから

恋愛が盛り上がっている最中は、相手の短所でさえも長所に見えるものですし、お互い相手にによくみられたい、という気持ちが強いこともあり、なかなか相手のマイナスポイントは見えにくいものです。

 

だからこそ結婚して終始一緒にいるようになると、良くも悪くもこれまで一緒にいても気づかなかった相手の様々な面を嫌でも目にすることとなります。

 

それがどうしても許せない癖だったりすると相手への気持ちは徐々に冷めてしまうこともあるでしょう。

 

 

③相手に慣れてしまうから

恋愛感情も3年で冷めると言われるように、相手に対する新鮮さは大事です。

長く付き合っていると、新鮮さは失われて行くでしょう。

また、相手の存在が当たり前になってくると、相手が自分のためにしてくれることもだんだんと感動できなくなってしまいます。

 

結婚してる夫婦にとって、「慣れ」という感覚は大敵なのです。

 

 

 

いかがでしょうか?

思い当たる節が1つでもあれば、これを改善もしくは、こうならないように普段から気をつけることが大切ですね。

 

次回は、これとは反対にラブラブな夫婦の特徴を挙げてみたいと思います。

 


このタイトルで、ピンときた方はかなり多いのではと思います。

女性は結婚がゴール、結婚に夢を抱いて、結婚と結婚する・・・とはよく言ったものでかくいう私調査員Uもその1人です。

それだけ、結婚後ラブラブではない、もしくはラブラブで汎愛のではないか?と思っている特に妻は多いのが現実です。

 

 

自分はまだラブラブなのに、パートナーである旦那はそうでもないみたい・・・

もしくは、

ラブラブなんてどこかに行ってしまったわ!

でも、「あの家は楽しそう」「あの人はまだラブラブ」なんて思いを抱くこともありますよね。

 

 

2016年度の日本の統計では、3組の内1組が離婚するという、離婚率30%という数字が公表されていました。

 

厚生労働省HPよりこちらに、平成30年度の離婚率もご覧いただけますので参考にしてみてください。

 

 

今や離婚カップル、母子家庭や父子家庭も珍しくありません。

余談ですが、離婚率の高い年齢は、30歳から34歳だそうです。

結婚して子供が生まれて、まだ乳幼児の頃に決断するカップルもだいぶ多いのではないかと思います。

 

弊社でもご相談に来られる方で、30代から40代が半数を占めています。

すでに離婚調停中である、離婚した、カップルに加え、離婚しようかな・・・と考えているカップル、「離婚予備軍」の数は膨大だと言われています。

 

よって、旦那とラブラブでない妻、ラブラブではないのかな、と感じる妻はかなりの数が予想されるということですね。

 

次回はラブラブでい続けることが難しい理由について、掘り下げてみたいと思います。


パートナーに裏切られないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

一度や二度、こんな風に考えたこと、誰にでもあるのではないかと思います。

 

また、すでにパートナーに裏切られてしまったらどうしたらいいでしょうか?

裏切られてしまった時は、今後のため、どうして相手が裏切ることになってしまったのか、裏切ることに至った気持ちの変化などを、冷静に聞くことが大切です。

 

もしかすると、自分の何気ない行動がパートナーを傷つけているかもしれません。

自分はパートナーを思いやった行動ができているでしょうか?

時々振り返ることも大事ですね。

 

では、パートナーに浮気されないようにするためにはどうしたら?

具体的に見ていきましょう!

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

 

①褒める

褒められるのは男女ともに誰でも気分がいいものです。

褒められるともっとやろう!とやる気が湧いてきます。

また、自分がどうされたら喜ぶのか相手に伝わります。

 

 

②こまめに連絡をとる

連絡が来ると気にかけてもらっていることを実感します。

また、安心感を覚えます。

パートナーの考え方や価値観もなんとなく伝わります。

 

 

③自分の魅力を上げる

外見も内面を自分を磨いている人は魅力的ですし、尊敬します。

だらしない人、努力しない人と一緒にいたいとは思わないはずです。

 

 

 

 

普段から、①②③を意識していると、浮気の予防につながります。

そもそもの人間力も上がってきますので、やはり普段から自分の行動は気をつけていきたいものですね。

 

 

 


パートナーに浮気をして欲しくない、というのはすべての人の願いではないでしょうか。

では、浮気をしない女性の特徴とはどういったものでしょうか?

浮気をしない男性の特徴、こちらも合わせてご覧ください。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

浮気をしない女性の特徴は?

あなたのパートナーは当てはまっているのでしょうか?

 

 

 

①趣味を大切にしている

趣味が充実していると、自分の心を満たすために異性に気が向くことが少なくなります。

刺激や安心、空いた時間を趣味・趣味を通じた仲間に費やすことでとても満足できるので、浮気をする人は少ないです。

 

 

 

②自立している

自立した女性は、相手に依存しないので、浮気する可能性は低いでしょう。

自分を律すること、何が自分に一番大切かをよく理解しているので、自分ときちんと向き合えることで浮気に逃げないでしょう。

 

 

 

③芯が強い

意思を貫き通せる女性は目先のことに揺らぎません。

越えてはいけない一線を越えることはまずないでしょう。

 

 

 

④約束を守る

相手に対して誠実な対応ができる人は相手を裏切ることはしないでしょう。

 

 

 

 

あなたのパートナーはいかがでしょうか?

 

 

浮気しない特徴男女別に挙げてみましたが、浮気されないようにすることも大切です。

次回は浮気されないようにするには?

をテーマにお送りしたいと思います。


こんにちは。

今回は浮気をする人の特徴と浮気の見抜き方、女性編です。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

①浮気をしてしまう女性の特徴

 

寂しがり屋

 

誰かに構って欲しい気持ちを制御できなくて、浮気に走ってしまいます。

このタイプは恋人が切れることはありません。

 

 

交友関係が広い

 

必然的に出会いの場が多くなっていクノで、浮気の確率が上がってしまいます。

 

流されやすい

主体性がなくその場の雰囲気に流されやすいタイプは、うっかり相手や場の雰囲気に持って行かれてしまい、浮気に走ることが多いでしょう。

 

 

 

②浮気の見抜き方

では浮気をしている女性の特徴はどうでしょうか?

 

パートナーへの態度

その時の気持ちが浮気相手にベクトルが向くため、パートナーへの扱いが雑になりがちです。

この傾向は男性より女性の方が強いと言えます。

 

趣味や嗜好が変化する

新しい相手の趣味や嗜好に影響され、新しいことを始めたり、洋服・髪型。持ち物などのセンスが変わることが多いのも、浮気している女性の特徴と言えるでしょう。

特に、車・腕時計・お酒・運動・収集品などに興味を持つようになったら、浮気相手に影響されている可能性がかなり大きいです。

 

 

 

女性は、男性に比べて、浮気がばれにくいものです。

それは、口数が多く、コミュニケーション能力に長けているのでうまくごまかすことが得意なのです。

もし、隠し事をされていたとしての男性より見抜きにくいと言えます。

 

ですが、ここで乱暴に問い詰めたりしないように注意してください。

ここで強引に問い詰めると後々、不利になるケースもよくある話です。

 


こんにちは。

 

前回の続き、「必見、浮気をする人としない人の特徴と浮気の見抜き方」にいってみましょう。

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

今回は、浮気をしない男性の特徴

 

 

 

浮気をしない男性は女性から見てとても安心できる存在です。

あなたのパートナーは当てはまっているでしょうか。

 

 

 

 

浮気をしない男性の特徴がわかれば心強いですよね。

特徴をあげてみたいと思います。

 

 

人を大切にできる人間である

人を大切にできるということは、相手を尊重できるということですから、大切な相手が傷つく浮気に軽々と手を出すことはしないはずです。

 

 

誠実で礼儀正しい

誰に対しても礼儀正しい人は、人の道を踏み外すことはしない人が多いです。

 

 

合理的である

合理的な人は非生産的な時間を過ごすことを好みません。

貴重な時間の使い方を知っている人です。

 

 

 

趣味を大切に足ている

趣味には時間もお金も必要です。

何より、趣味が多いと人生が充実してきますから、浮気という刺激を求めなくとも、楽しい時間を過ごせるものです。

 

 

 

パートナーに惚れ抜いている

パートナーに心から惚れ抜いている人は他の異性に心を奪われる隙間がありません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

個人的には、一番下のパートナーに惚れ抜いている、この部分をかなり重要視「しています。

なぜなら、誠実や合理的というのは、そうであっても男性の本能には勝てない場合もあるかもしれません。

ですが、本当に心から大切と思っている場合、きっとしれは相手にも伝わっているのではないでしょうか。

そう思いあっているパートナーシップが築けていさえいれば、浮気は起こらないのではと思います。

 

つくづく、パートナーシップには努力や思いやり、お互いが共に成長しあえるような環境など、賢く工夫することも必要なのでは、と改めて実感するとこですね。

 

 

次回は、浮気をする女性の特徴と見抜き方について、お話していきたいと思います。


こんにちは。

 

前回の続きです。

 

必見、浮気をする人としない人の特徴と浮気の見抜き方についてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

浮気をする人としない人の特徴と浮気の見抜き方

 

自分のパートナーをいくら信頼しているとはいえ、時には浮気してるか?気になるものではないでしょうか。

では、性別で浮気している人の特徴と見分け方を見ていきましょう!

 

 

 

1.浮気をしている男性の特徴と浮気の見分け方

 

①浮気をする男性の特徴とは?

欲望に忠実

浮気を止められるのは本人の理性だけです。

もし、大切な男性が一線を越えることを躊躇せずさっとやらかしてしまう性格なら?

一度相手を客観的い見直した方がいいかもしれません。

 

 

誰にでも愛想がよく、マメである

これは非常に魅力的であり、男女ともに好かれ、モテる性格です。

ですので、本人が望む望まないに関わらず、人が寄って来やすい環境になるため、浮気しやすい状況は非常に起こりやすいと言えるでしょう。

 

 

容姿端麗。センスが良い

人は見た目が75%と言われています。

たとえ性格が最低でも、見た目(外見)がイケメンであれば人は寄って来ます。

ですので、こちらも浮気しやすい環境が出来上がり、本人のせい買うが素敵であれば、浮気し放題になりそうです。

 

 

 

 

②浮気の見抜き方

では、浮気をしているかもしれない男性の特徴とはどのようなものでしょうか?

 

 

携帯の触り方

携帯を全く触らせなかったり、前と比べて、触る頻度が格段に上がっていたりしてると怪しいです。

複数台ケータイを持っている男性も相当怪しいです。

 

 

予定を把握させてくれない

全ての予定を把握させてくれるような束縛は良くないですが、どこに行くにも言わないもしくは不自然な回答の対応、挙動不審な態度を取っていると怪しさがあります。

 

 

性行為の作法

他の女性と肉体関係を結んだ場合、相手女性の嗜好の影響を受けて行為が以前のものとは変わって来ます。

 

 

もしも浮気の疑いが強くなってしまったら?

パートナーの浮気を強く疑ってしまって居心地を悪くしてしまうと、男性としてはどんどん気持ちが離れていって負のスパイラルに陥ってしまう可能性がります。

 

それでは本末転倒といった場合もあるかと思います。

浮気もしてないのに疑われて、それで居心地を悪くしてしまい、結果浮気をされたり、夫婦仲が悪くなることにもなりかねません。

 

わけもなく感じの悪い対応をするのは、確固たる証拠を掴んでからにしましょう。

 

 

それでは、男性が浮気しているかどうかの見抜き方です。

まずは、相手のスマホを見ていいか聞いてみましょう。

 

大抵の場合は見せてくれることと思います。

また、ケータイを何台持っているかを聞いてみるのもいいでしょう。

 

もしも、教えてくれた台数より多く持っていたら疑いが濃厚です。

 

また、直球勝負ですが、思い切って浮気してる?と聞いてみて反応をみるのもいいでしょう。

その時、どうして質問したのか理由も添えると、気持ちをわかってくれることと思います。 

 

ちなみにこの時、「なんで?」と聞き返してくるパターンは非常に怪しいです。

 

 

それでは、次回は浮気しない男性の特徴にいてみたいと思います。

 

過去の参考記事はこちら

 

 

 

 


こんにちは。

 

浮気は、悪いこと・・・それがわかっていて、なぜ人は浮気をしてしまうのでしょうか?

今回は、人気記事だったこちらの記事の関連ということで、

「浮気をする人の傾向」について考えていたいと思います。

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

1.男性が浮気をする心理

 

魅力的な人を見ると、いいなと思ってしまうのは男女関係なく自然に感じることです。

ですが、男性の場合は女性と違って、相手への好意がなくても視覚からの刺激だけで、脳が勝手に興奮してしまうようです。

 

一般的に男性は理性よりもそういった本能が優位に立ち、脳を支配する傾向にあります。

本能というのは男性は生物学上、種の保存のためより多くの異性と関わろうとするものですね。

 

ですので、男性がより魅力的な女性を目にしてしまうと、不本意にも大切なパートナーの顔が片隅に追いやられてしまって・・・ということが起こりがちなのです。

愛情を伴わないで浮気してしまうのは、男性が浮気する心理の特徴と言えるでしょう。

 

 

 

2.女性が浮気をする心理

 

一方で女性は?

こちらはパートナーに対する不満や不安が大きな要素となります。

 

なぜなら、女性は心を大切にしてほしい、安心感を与えてほしいと考える生き物だからです。

一般的に女性は性欲と愛情の結びつきが強く、常に深いと言われています。

 

前述した通り、男性はより多くの種を残そうと考えます。

ですが女性は、新たな生命を自分の胎内で10ヶ月もの期間育てるわけですから、きちんと自分が満足いくような相手、安心できる相手を見定めようとする本能が働くのです。

 

よって、心を満たすために浮気をするところが、女性の特徴と言えます。

 

 

3.男女共通の浮気をする心理

 

では、男女共通で見ると、どのような時に浮気をするのでしょうか?

前回の記事でも書きましたが、

 

 

 

①男女の共通事項としては、まずは性欲

この部分で別れに至ってしまう夫婦・カップルは多くいます。

なかなか口に出せないことではありますが、とても重要です。

 

 

 

 

 

②パートナーとの不仲

パートナーに対して、不安や不満を持っていたら別の場所に安らぎを求めてしまいます。

人は居心地がいいところを好むわけですから、落ち着く場所を探して他の異性を求めてしまいます。

 

 

 

 

③刺激のなさ

無趣味で日々目標や生きがい、やりがいのない人だと、恋愛は刺激を受けやすい機会に相当するでしょう。

だから人生の逃げ場として浮気をしてしまうことがあります。

直接的な関係に至らない心の浮気もあるので、お互いどこまでが浮気なのか、事前に話し合っておくことがとても大切でオススメです

 

 

 

 

今回は前回のおさらいとして、浮気をする心理を男女別に見てみました。

次回は、

 

浮気をする人の特徴としない人の特徴

 

について、考えてみたいと思います。

 

 


こんにちは。

 

前回の記事より、実際にどのような内容のご相談でどのようなタイミングでご相談されるのか、一例をご紹介してみたいと思います。

 

弊社へのご相談タイミングは様々ですが、大きく分けて、

 

・浮気が発覚した状態で相談

 

されるケースと、

 

・浮気しているかどうか、まだよくわからない状態で相談

 

されるケースがあります。

 

 

 

調査会社へのご相談やご依頼ですと、

 

前者の

 

・浮気が発覚した状態で相談

 

しないといけないのでは、とイメージされる方が多いのではないでしょうか?

 

でも実際のところ、”浮気がはっきりと明確にわかる”には、

 

・たまたま現場を見かけた

・たまたまメッセージのやりとりを見た

・問いただしたら白状した

など、

 

偶然か、またはパートナーが肯定することがないと、明確にわかることは容易い事ではないものです。

 

 

 

なぜなら、堂々と浮気をする方は断然少なく、ほとんど多くの方がが隠し通したいものだからです。

 

証拠がない状態で、”でも怪しい”と言う段階でのご相談こそ、遠慮なくご相談いただければと思います。(勿論、発覚後のご相談も受け付けております)

その段階から、証拠を掴むまでが調査員の仕事です。

 

 

 

 

それでは、前置きが長くなりましたが、実際どのようなタイミングでどのような内容のご相談があったのかをご紹介したいと思います。

(一例です)

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

例1)30代女性

パートナーの帰りが毎晩遅く、飲み会と言っているが様子が怪しい。ケータイも離さないので、見たらロックをかけてなかった。そこで浮気が発覚。

問いただし、2度としないと約束したが、その後また発覚。

浮気相手とも話しがしたかった、というタイミングで弊社へご依頼いただきました。

 

 

 

 

例2)40代女性

パートナーが休みの日にも仕事と称して出かけるようになった。

ケータイはロックしていたので、見ることができす、SNSを利用していて相互フォローし合っていたので、調べたところ、女性と会う計画を立てていたので、その日に証拠を掴みたくて自分で行動するが、失敗。

その時のことはパートナーに問いたださず我慢し、次の機会を狙い、そのタイミングで弊社にご依頼いただきました。

 

 

 

 

例3)40代女性

パートナーの様子がおかしい。トイレもお風呂もケータイを離さなくなったし、帰りも遅くなった。夫婦の時間も明らかに減ったし、おしゃれをするようになった。

浮気なのではないかと思っているが、証拠が掴めない。

ケータイはスマートフォンなので、ロックを解きたいけど解けない、というタイミングで弊社にご依頼いただきました。

 

 

 

上記は一例となりまして、すべて解決済みでございます。

例3のように、まだ証拠がないけど、様子がおかしい!というタイミングでもお気軽にご相談を受け付けております。

スマホロックの件に関しても、過去に何度も解決しておりますので、こんなことも?ということでも、ご相談くださいね。

 

 

 

 

ということで、

 

 

・浮気しているかどうか、まだよくわからない状態で相談

 

このようなタイミングでのご相談だと、躊躇されることが多いのではと思いますが、私たちは証拠を掴むことが仕事です。

また、ご相談者様のお話を聞くのも、お仕事です。

 

 

 

守秘義務を遵守致しまして、しっかりとお話しをお聞きしますので、安心してお問い合わせください。

 

 


アシストリサーチ

株式会社アシストリサーチ

〒733-0003
広島県広島市西区三篠町2-4-15 桑原ビル1F
TEL: 082-554-0704
FAX:082-554-0714
探偵業届出:第73190004号

友だち追加
© Assist Research Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGE TOP